大人ニキビと思春期ニキビ。男性ホルモンの比率が高まり、ホルモンバランスが乱れる。

思春期の頃にできるニキビと、
大人になってからできるニキビは原因が違うらしい、です。

確かに、言われてみれば
ニキビのできる時期とか、できる場所とか、
年齢によって変わってきているような気がします。

思春期の頃のニキビは、
男性ホルモンの比率が高まり、
ホルモンバランスが乱れることによってできるらしく。
こちらのニキビは思春期を過ぎると治るみたいです。

大人のニキビは、
角質層が厚くなり、皮膚の新陳代謝が正しく行われていないことから
できる、らしいです。

私の場合は、思春期ニキビはほとんど出来なくて。
どちらかというと大人ニキビが出来ていました。

というのも、
脂っぽくない部分(顎など)にニキビができていましたから。

ニキビは思春期のもの、というイメージがありましたが、
大人になっても悩むことになるんですね。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ