ニキビ予防には皮脂分泌を抑えること。お肌の水分量が少なくなると、それを補う。

ニキビを予防するには、皮脂分泌を抑えることが大切です。過剰な皮脂分泌があるとニキビになりやすくなるからです。私も経験があるのですが、ニキビがあると清潔を保ったほうが良いと思いがちです。そのために、1日に何度か洗顔したり、丁寧に時間をかけて洗いすぎたりします。しかし、こういったことは絶対にやってはいけないのです。というのも、何度も洗顔したり、時間をかけて洗いすぎることで、皮脂が落ちると、その分お肌はまた皮脂を出そうとするので、結果的に皮脂が過剰にでてしまうことになるのです。だから、洗顔は朝と晩の2回でたっぷりの泡で優しく短時間で洗うのが良いのです。
また、皮脂分泌を押さえるポイントは水分にあります。お肌の水分量が少なくなると、それを補おうとして皮脂を分泌することになるのです。だから、水分がしっかりあると余分な皮脂を出すことがなくなります。しっかりと化粧水で保湿をすることが大切なのです。そのために化粧水をたっぷり使ったコットンパックをするのも良いですね。
洗いすぎに気を付け、保湿をしっかりする、それだけで皮脂の分泌を抑え、ニキビ予防になりますよ。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ