私のニキビの特効薬とは。オロナイン軟膏を使ってみました。

ニキビはいろいろな場所に出来ます。
思春期には友達の多くがニキビに悩んでいた中、私はニキビが一つも出来ないままティーンエイジを過ごしました。

多分、一生ニキビとは縁がないのでしょう、と思っていましたら、20代になってから、額や?にぽつりぽつりとニキビが出来るようになりました。

それまで縁がないと思っていたので、ショックを受け、どうしようかと悩みました。
そこで、ニキビ専用の基礎化粧品を買って使ってみましたが、なかなか良くならないので、そう言えば、昔からある薬があったわね、と思い、オロナイン軟膏を使ってみました。

すると、数日でニキビの赤みが引いていくのがわかりました。

「やっぱり昔からずっとあるものは、結局、いいから残っているのね」

と、友達にも勧めました。

それ以来、もう「ニキビ」とは呼べない年齢になってからも、体調によって、ぽつん、ぽつんと出来るニキビ。
見つけるたびに、オロナイン軟膏を塗って治しています。

ただ、ニキビの中でも出来ると凄く厄介なのが、鼻の穴の中にできるニキビ。
それはニキビとは呼ばないのかもしれませんが、とにかく痛い。

「ニキビは触ってはダメよ」

と母がよく言っていたことが、よくわかりつつも、どうにか治したくて、綿棒にオロナイン軟膏をつけて、鼻の中にそーっと入れてニキビに付けます。

あんなに痛かったニキビは数日したら枯れて、なくなってくれます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ