オーガニック日焼け止めおすすめはソレオオーガニックス!

 

最近では化粧品の成分にこだわって選ぶ方も増えてきました。その流れは日焼け止めにも出ていて、オーガニックコスメの日焼け止めを購入する人もいます。オーガニック日焼け止めとしておすすめなのが、ソレオオーガニックスです。

紫外線が強烈なオーストラリアで開発された日焼け止めで、日本では2009年にデビューしています。オーガニック原料の日焼け止めとして通販などで人気になっています。

ソレオオーガニックスはオーガニック植物と天然由来成分のみで作られたことが大きな特徴になっています。ミネラル成分の酸化亜鉛を使用することで紫外線をブロックします。また今までは白くなってしまうことが酸化亜鉛の欠点だったのですが、ソレオオーガニックスの場合は白くならない技術を使うことにも成功しています。

ソレオオーガニックスには14種類のオーガニック原料が入っており、保湿しながら肌を守ってくれます。ソレオオーガニックスにはブドウ種子油、ヒマワリ種子油、ローマカミツレ花エキスなどスキンケア効果のあるエキスが入っているので、美容に気をつかう人にはおすすめです。落とすときにも専用の洗浄剤がいらなくてすむし、石鹸で洗い流すことができます。

「ソレオオーガニックスはオーガニック原料を使っていながら、高いSPF値を持っているのでいいですね。レジャーなどで屋外にいるときにも使っています。ウォータープルーフで使いやすく、落とすときにも普通の石鹸でいいので楽ちんです」

「ソレオオーガニックスを肌につけても白くならないのが気に入っています。透明感があるのでつけやすいです。オーガニック日焼け止めってどうかな、と思っていましたがちゃんと日焼けを防止してくれます」などの声が多いです。

敏感肌の方でも使えるので安心です。またお子さんの日焼け止めを探している人にもいいですね。顔、体に使えるので1本買っておくと便利です。肌にも自然にも優しい成分で作られているので、普段使いからレジャーの時まで重宝します。

 

早速ソレオオーガニックスを購入しました、思ったよりでかくてラッキーです

SH3J0073  SH3J0074

 

全く白うきせず感激です!しかもべたべたしないし、保湿はされてるのでありがたいです

SH3J0075 SH3J0076

海に持って行っても家族でたっぷり使えます!

 

一昔前まで、日焼け止めは紫外線が多く降り注ぐ夏場だけ使うアイテムとして定着していましたが、紫外線は季節に関係なく降り注いでいる事が知れ渡ってからは、季節に関係なく1年を通して使用するアイテムとして定着し、女性だけでなく男性の愛用者も増えてきています。

紫外線の影響によって、お肌の美しさは失われていき、シミや色素沈着の原因となり、10年後20年後の肌質にも悪影響を及ぼします。

紫外線の影響をカットするために、毎日使用してケアしなくてはならないのですが、毎日使い、お肌に触れるものだからこそ、お肌や体に優しいものを選んで使用を続ける必要があります。

お肌と体に優しい日焼け止めとして有名なのは、オーストラリアの有名メーカーが開発したオーガニック日焼け止めのソレオオーガニックスです。

ソレオオーガニックスには、刺激の強い成分などは一切混ざっておらず、天然由来植物とオーガニック成分のみで作られています。

そういったお肌にも体にも優しい成分だけで作られているオーガニック日焼け止めで、強烈な紫外線をしっかりとブロックする事が出来るのか?と不安に感じたりもしますが、心配には及びません。

オーストラリアは、紫外線対策先進国で、そんな紫外線対策先進国のオーストラリアにある有名メーカーが作ったオーガニック日焼け止めですから、紫外線をしっかりとブロックし、素肌をしっかりと守ってくれます。

ノンケミカル処方ですから、ダブルクレンジングの必要もなく石鹸だけで日焼け止めの成分をしっかりと落とせるので、ダブルクレンジングでお肌から水分を奪ってしまうこともありません。

お顔はもちろん、体にも使用可能ですし、小さなお子さんも使用出来るほどお肌に優しく、家族みんなで使える安心の日焼け止めです。

重いタイプの日焼け止めとは違いますから、使用感の違いも使ってすぐに分かるレベルで、たっぷり塗っても白くならないので、メイクの邪魔になりません。

敏感肌に悩む方にもおすすめ出来るオーガニック日焼け止めですから、1年を通して安心して使用する事が可能で、紫外線に負けない強いお肌を維持出来ます。

 

 

体と環境にやさしい日焼け止めクリーム【soleo ソレオ オーガニックス】

購入はここから↓



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

2016年9月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ