光目覚し時計インティ体験談

大学進学のために、実家を離れ、ひとり暮らしをするようになったのですが、朝が弱い自分にとってひとりで起きる事ほど大変な事はありませんでした。

物心ついた頃から朝が苦手で、遅くまで起きていた時だけでなく早く寝た日でも目覚めが悪くて、朝起きられず、学校に遅刻してしまう事はしょっちゅうありました。

そんな自分に大音量の目覚まし時計を母親がプレゼントしてくれて、最初こそ、その目覚まし時計を使う事で起きられていたのですが、長く使ううちに、大音量でうるさい目覚まし時計のアラーム音でも起きられないようになり、近所に住む人から目覚まし時計の音が鳴り響いていてうるさいとクレームが来た事もあります。

学生の時は、遅刻も自業自得でしたが、社会人になり会社に勤めるようになってからは、そんな甘い事は言っていられません。

目覚まし時計に携帯電話のアラームなど、色々して何とか朝起きられるようになったものの、すっきり目覚める事はなく、憂鬱な気持ちを抱えながら、何とか起きていました。

朝起きられないことを同じようにひとり暮らしをしている同僚に相談していると、新感覚の目覚まし時計、インティについて話を聞かせてくれました。

インティは光目覚まし時計で、アラーム音だけで起こすのではなく、アラーム音が鳴る前にライトが徐々に点灯していき、設定時刻にライトの点灯がマックスな状態になり、光と音で目覚めさせてくれます。

話しを聞いて、凄いな!とは思ったものの、大音量の目覚まし時計でも起きられない自分には向いていないんじゃないかと思いました。

まずは試してみたら?と言うことで、同僚にインティを借りて使ってみることにしたのですが、翌朝の目覚めの良さに驚きました。

ライトの効果によって睡眠と覚醒がコントロールされ体内時計がリセットされる事により、朝のすっきりに繋がり、うるさくないアラーム音でもスッと起きられました。

こんなに凄い目覚まし時計に頼らないわけもなく、いつもよりもすっと起きられたので、出社前にネットでインティを頼み、今では手放せないアイテムのひとつになっています。




この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

2017年6月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ