にきびには泡洗顔か水洗顔か。皮脂は清潔にする。

巷にあふれるニキビ対処法。

共通しているのは皮脂をコントロールするというものですが、そのアプローチは様々です。
中には相対する対処方を推奨しているものもあり難しいところです。

相対するものとして有名なもので、水洗顔と泡洗顔があります。

あるときは、余分な皮脂を泡洗顔でおとして清潔に保ったほうがいいと言われ、
またあるときは泡洗顔すると必要な皮脂まで落としてしまうので水で洗顔したほうがいいとも言われます。

これはどちらの意見も一理あるようで、基本的には皮脂は清潔にしていたほうがニキビはできにくいのですが、ニキビができた後の対処としては表皮の回復力を保つために水洗顔をしたほうがいいようです。

ニキビの対処には人工的な手法と自然治癒力のバランスが重要なようです。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ