ニキビ対策をやりすぎ、成功なのか失敗なのか。様々な市販品を試しました、しかしクリーム系にしてもおでこ全体に塗り広げる感じになってしまい ひどいクリーム臭。

学生の頃、とにかくおでこのニキビが酷く、コンプレックスでした。
元々おでこがひろいのもあり、あまり出したくなかったので、常に前髪を垂らした状態。
それが余計に悪いのかおでこ一面にニキビニキビニキビ。
もちろん様々な市販品を試しました、しかしクリーム系にしてもおでこ全体に塗り広げる感じになってしまい
ひどいクリーム臭。
さらにクリーム一つにしても寝る前等はいいのですが、朝等少し付けておこうと思う時にはほとんどが前髪についてしまいてんやわんやに。

そのうえ、量が多く、その原因の前髪もあるせいか一向に減る気配がないのです。
ものすごく大きなニキビがあるわけではなかったので効果がゼロというわけではないとは思いたいのですが。
そんなニキビですから、時にはイライラして潰してしまう事も、ダメとはわかりつつも、とにかく無くしたいという怒りでしょうか。

時間がたち、徐々に減ってはきたものの、今でもおでこにはでこぼこが残ってしまっています。
この状態まで抑えられたというべきなのか、もっとちゃんとやらなかったからこんな事になってしまったのか。
きちんとした対策、それこそ今はコマーシャルになっているぐらいですから、市販品だけではなく病院にいったりすればよかったなと思ったりしています。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ