痕が残らないニキビの潰し方。薬を塗ってそっとしておくのが良いのでしょうが。

高校生のころ、鼻の頭にニキビが出来たと言ったら、友人のI君が「ちょっと見せて」と言って私の鼻をつまむと、ニキビを両側からぐっと押しつぶしてしまいました。

突然のことに驚いて、「跡になるじゃないか!」と文句を言ったところ、I君は「ニキビに触らずに両側から押しつぶせば、ばい菌が入らないから痕にはならないよ」と得意気に言いました。本当かな、と思いましたが、とりあえずそのときのニキビは特に痕になったりはしませんでした。

それからというもの、私はニキビができると、I君が言っていたことを信じて、両側から押しつぶすようになったのです。
本当は当然、薬を塗ってそっとしておくのが良いのでしょうが、鬱陶しくて、どうなってもいいから早く消えてほしいことって、ありますよね。

幸いにも、いまのところニキビ痕は残ったことがないので、これからも両側から押しつぶすスタイルでニキビと付き合っていこうと思います。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ