ニキビを気にする度合い。学生や高校生の子たちは誰でも多かれ少なかれ、ニキビを気にするものです。

人はどの程度、ニキビを気にするのでしょうか。それにはもちろん個人差があるでしょうが、それ以上に大きいのが、やはり年代による差ではないかと思います。

最もニキビを気にする年代は、思春期の頃でしょう。中学生や高校生の子たちは誰でも多かれ少なかれ、ニキビを気にするものです。そして肌の手入れをしたり、時には病院へ行ったりもするのです。

私のような中高年の男性の目から見るならば、思春期のニキビなんて何でもないように思えるのですが、当事者には深刻な悩みなのです。

しかし、ストレスはニキビの敵であるのは間違いありませんので、ニキビを気に病むことは、却ってニキビを勢い付かせてしまう結果となりかねません。あまり気にしないようにすることが、ニキビ治療には有効です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ