心を憂鬱にするニキビ。皮膚科に通いながら治療を続け、今ではきれいに治りました。

高校生の頃、急にニキビができはじめました。
それまでは、肌きれい~と褒めてもらうことが多かったので、出来はじめてからはほんとにショックで…。

まず、おでこ中心にぶつぶつとできはじめ色々なニキビ用の化粧品を試したけれど全く役に立ちませんでした。でも不思議だったのは高校を卒業した時、特別なことは何もしていないのに急にきれいに治ったんです。

が、しかし。その後短大に進学し、大学生活が始まると更にニキビがパワーアップしたのです!
おでこだけだったニキビは顔全体に広がり、そのころは本当に出かけるのが苦痛でした。
ニキビに良いといわれるものは化粧品から食材までありとあらゆるものを試しましたが、やっぱり効き目はありませんでした。

一年ほどすると段々と落ち着き始めましたが、たまにぽつぽつとできたり、ニキビ跡が気になったりで自分に自信が持てず人と至近距離で話すのが本当に嫌でした。

20才をすぎると、体調が悪い時にぽつぽつ出ることはありましたが、皮膚科に通いながら治療を続け、今ではきれいに治りました。
でもまたできてきたらどうしようと軽くトラウマみたいになっています(笑)

人から見たらニキビごときでって思われるかもしれないけれど、今でも高校、短大時代ニキビのない肌だったら人生少し変わってたかもなぁなんて思います。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ