真っ赤に腫れたニキビ・・・そのまま放っておくと?毛穴に詰まった皮脂や皮膚組織を栄養として、 アクネ菌が増えすぎて。

赤にきびは、毛穴に詰まった皮脂や皮膚組織を栄養として、
アクネ菌が増えすぎてしまい、それに反応して
毛穴の中に膿がたまって炎症を起こしている状態です。

ちょっと赤くなっている程度の物は、ストレスや栄養バランスの偏りを取り除き、
清潔に生活していれば治りますが、大きく膨らんだ場合はなかなか治りません。

かゆみが生じていれば、寝ている間にひっかいたりして、
ニキビが破裂し、でこぼこの跡が残ってしまうことも。

パンパンに腫れたニキビは、もう自力では治せません。
放っておくと、皮膚の下で隣の毛穴にも炎症が移り、
どんどん炎症が広がって、5ミリ以上の大きなニキビが出来てしまうことも。

症状が進行しないうちに皮膚科に行って、
アクネ菌用の抗生物質の飲み薬や塗り薬を処方してもらったり、
炎症止めを処方してもらわなければなりません。

ここまで進行したニキビは簡単には治りませんし、
ニキビが出来やすい肌の状態は数カ月~1年かけて治していかなければいけません。

2か月皮膚科に通ったけれどなかなか治らない!
と思ってやめたりせず、気長にみてあげないと、
いつまでたってもニキビのできやすい肌であり続けます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ