老人性色素斑を美白コスメで改善する

ハイドロキノンとシムホワイト配合クリームでシミや美白を改善

美白

 シワ対策!浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glen

 

老人性色素斑は紫外線を浴びてメラニンの生成が過剰になり色素が真皮に残ることで起こります シミは長い間にメラニンが蓄積されてできます。だからシミは40代以降に出来る人が多いんです 老人性色素斑はシミの予防としてUVケアをしましょうそして美白化粧品を使うことです 美白化粧品とはメラニン色素の量を減らすように働く美白成分のことです美白成分はメラニン生成の過程のどこかでそれを作らせないように作用します

美白成分ではハイドロキノンが最適です

漂白型の美白成分ハイドロキノンと予防型のシムホワイト377を、ビーグレン独自の浸透技術でナノカプセル化した美白クリーム。できてしまったシミを薄くしながら、新たなシミができるのを予防して、シミのない透明感のある明るい肌に仕上げます。 漂白型 ハイドロキノン できてしまったシミに、最強の美白成分 皮膚科医が肝斑の治療に処方するハイドロキノンは、ハリウッドセレブが、美しい白い素肌を維持するために使ってきたことで有名になりました。できてしまったメラニンを薄くするのには最も効果的な成分であるということは、日米の専門家の共通の認識です。 東京女子医科大学の准教授の話では、ハイドロキノンは、その安全性が話題になることがありますが、5%以下の製品であれば、日本での副作用の報告はないそうです。 ※ その他の漂白型の美白成分 コウジ酸、アルブチン、ビタミンC 濃くなってしまったシミを薄くする成分としては、現在ハイドロキノン以上に効果的なものはありません。 そして抗酸化物質を含む食品をとって内側からも予防しましょう抗酸化物質は体内で発生する活性酸素の増加をくいとめてくれます。しみだけでなく、肌荒れやシワ、ニキビの予防にも効果的なので積極的にとりましょう 特にビタミンACEがおすすめでレバーにんじんカボチャ、緑の野菜レモン、うなぎナッツなどに含まれています 果物や野菜の葉や種子に含まれるポリフェノールも代表的な抗酸化物質でアントシアニンやカテキン、イソフラボンン、リグナンなどが代表的です

美白おすすめはここから 詳細はここから↓

スキンケア

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ


2012年10月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ビーグレン

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ