君島十和子さん直伝、肘の黒ずみ防止対策。外に出る時は、真夏でも、日傘、帽子、手袋、長袖、ストール、サングラスを使って紫外線対策。

君島十和子さんが爆門学問という番組に出演していました。番組のその回のテーマはアンチエイジングでした。

アンチエイジングのために、君島さんはあらゆる努力をしています。外に出る時は、真夏でも、日傘、帽子、手袋、長袖、ストール、サングラスを使って、完璧といえるほどの紫外線対策をしています。それは外から見ると滑稽にも映りますが、あの美しい肌を保つにはそれくらいの努力は必要なのでしょう。

私も君島さんのように・・と、思いますが、なかなかそこまでできません。しかし、番組の中でひとつ実践できそうな餡チエイジング対策がありました。

PCを使うときや、読書する時など、テーブルにひじや腕を付いてしまいますよね。その腕の下に一枚タオルを挟むだけで、肘の黒ずみや老化が防げるというのです。私も番組の途中からそのワザを取り入れました。とても簡単ですぐに取り入れられるアンチエイジング対策です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ