故事・諺に習って、美白に勤しんでます。一つ目は、「米の飯と女は白いほどよい」二つ目は、「色の白いは七難隠す」。

私の大好きな故事・諺が2つあります。
一つ目は、「米の飯と女は白いほどよい」です。ご飯は、白米が大好きです。それと、しろいお肌です。
二つ目は、「色の白いは七難隠す」です。この意味は、色白なら災難に会わないではないです。色白の女性はブスでも、それを補って美しく見えるです。言っときますが、私は世間並です(と、思ってます)。

どちらも、美白の女性にとって悪いことは何もない。という意味ですね。そのために私は、美白サロンに通い、外出時も紫外線に注意し、食事も気を使っています。

毎日のメニューには、ビタミンC、ビタミンEそしてβ-カロチンを含む食品を必ず取り入れています。
また、ケアも大切です。サロンに一度や二度行ったくらいでは、美白にはなれませんし、維持もできません。
サロンで専門家にケアしていただき、自宅ではケア化粧品でお手入れが必要です。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ