年齢と共に、美白ケアを意識するようになりました。妊娠すると、メラノサイトが活性化するため、色素沈着が起こりやすくなる。

若い頃は、美白という言葉になんの魅力も感じていませんでした。

夏は焼けて当然とさえ思っていたくらいで、美白について、真剣に考えることはありませんでした。

ですが、年を重ねるごとに、若い頃におこたって来た美白ケアつけが今頃やってきて「なんてもっと昔真剣に日焼け防止に取り組まなかったんだろう」と公開する毎日です。

妊娠をきっかけに、シミが目立つようになりました。
妊娠すると、妊娠期に増加するホルモンの関係で、メラノサイトが活性化するため、色素沈着が起こりやすくなるんだそうです。

私も、妊娠をして、日に日に顔に現れたシミを見て、思わずぎょっとしました。

これはまずいと思い、その日からどうにかケアできないものかと必死で取り組みました。

まずは、美白にようという化粧品に取り替えました。パックもしたりしてます。
さらに、夏場は日焼け防止のために日焼け止めクリームを塗ったり、出来る対策を行いました。

その効果もあったのか?出産して、ホルモンのバランスが変わったからかわかりませんが、シミは薄くなってきました。

もちろん、昔の代償は残っており、白く透き通った肌にすることはできませんが、少なからず今からの対策でも、10年20年後のために少しでも、お肌のケアをして行きたいと思っています。

 

タグ

美白に励んで憧れの白い肌を手に入れよう。紫外線にさらされ、化粧品の色素沈着を逃れる事は出来ません。

肌が白いだけで、七難隠すとはよく言ったものです。
目鼻立ちはともかくとして、色白な女性は、女らしく美しく見えるものです。

そんな肌にあこがれながらも、実際の肌は一日一日とくすんでいくのです。
紫外線にさらされ、化粧品の色素沈着を逃れる事は出来ません。
くすんでシミやそばかすが増えていくと 七難隠すどころか、5歳も10歳も実年齢より年上に見えたりするのですから。
皆、美白に必死になるわけです。

かく言う私も美白に必死な38歳です。
でも、美白といっても、化粧品にばかり頼るわけではありません。
まず心がけた事は、化粧を薄くする事です。

バッチリメイクでクレンジングの手を抜けば、必ず肌がくすんでいきます。
急にメイクを薄くする事には抵抗がありますから、徐々に徐々にメイクを薄くしていきました。
そしてクレンジングは手を抜かず。
肌が乾燥しないように負担の少ないクレンジングに心がけます。

次にメラニンが増えないように。
そして肌が元気な状態で、健康な皮膚組織に生まれ変わるように。
ビタミンCやビタミンEを意識してよく摂取するようにします。

よく睡眠をとって。
肌に負担をかけないような生活こそが、簡潔かつ最大の美白だと思います。

時々、歳を重ねるごとに美しくなっていくような友人に出会ったりしますが。
肌が綺麗な人ほど「何もしていない」というんですよね。
それはエゴだと持っていましたが、 実際自分も自然なスタイルと生活習慣に注意する事により肌状態はかなり改善され、くすみが軽減して白さが戻ったと思います。

是非皆さんもお試しください!

 

タグ

美白になるためにタバコを止めましょう。タバコを吸っていると、肌のビタミンCが失われていくんです。

美白になりたいと思ったらまずしなければならないことは、タバコを止めることです。やはりタバコは体そのものに悪いので当然肌へも影響してしまい、美白とは反対の方向へ進んでしまいますからね。

またタバコを吸っていると、肌のビタミンCが失われていくんですよ。元々ビタミンCはメラニンの生成を抑制してくれているんです。それで肌の状態もある程度保てるのですが、タバコによってこれが抑制できなくなると肌の状態も悪くなってしまいます。

なので、タバコをまず止めることとビタミンCを果物かサプリメントで補給していくことが美白に繋がっていくと思います。タバコが中々止めれない時は、肌とタバコを天秤にかけるつもりでじっくりと考えてみましょう。そうすればちょっと怖くなって止めやすくなると思いますからね。

 

タグ

美白には美容液も良いけどミニとまと等の食品が良いと思う!敏感肌ですと、逆に日焼け止めで肌を荒らす場合も有りました。

元々色白の方は必要無いと思いますが、遺伝的に色黒な人にはコンプレックスの一つです。

それ以上黒くしない為、日に焼けない様に日焼け止めを塗るとか、帽子か日傘を忘れずに外出する等は当然で、必

要以上に肌の露出に気を付けます。

敏感肌ですと、逆に日焼け止めで肌を荒らす場合も有りました。

黒い人が白くする為には、美白成分の入った乳液や美容液を購入して、日差しを避けながら手入れを怠らないのが

良い事とは思いますし、理想です。でも、値の張る美白液を毎回購入するのはいつまでも続くとは思えないので、自分

としては食料品で補えたらと思います。

最近知った美白に良い食品はとまとと聞いてます。大きめなとまとも良いですがミニとまとが尚良い様です。

マネキン遣って居た友人からの情報で、色々な食品の効果を学習して居るので確かです。

それからは、毎日の様にとまとを食べてます。

最近のとまとは結構フルーツの様に甘くて美味しいのが出て居ます。

 

タグ

「美白」は女性にとって一生の大問題です。君島十和子さんが有名です。

美白と言ったら、君島十和子さんが有名ですが、
やはり、努力を怠っていないようです。

考えてみたら、あの方は美白がお仕事なのですから、
それに充分な時間をかけることができるのでしょうが、
一般の私たちはそうはいきません。
夜、お風呂に入るのも面倒なくらいのときに、
寝る前、せっせとお肌のお手入れはしたくありません。

でも、やっぱり色白に越したことはないので、
日焼け止めクリームは、夏でなくても使っています。
エステに行く余裕はありませんから、
ネットでたまたま目にした美白化粧品は、試しています。

美白はダイエット同様、女性にとっての永遠のテーマであり、
私たちは、これからもそれに振り回されるのですが、
楽しくお化粧品選びをしていきたいです。

 

タグ

ファンデーションで美白に見えるようにする。紫外線カット効果が長続きし、肌を明るく見せるブライトにング効果とシミカバー力があるようです。

素肌から美白になろうとしましたが、白くならなかったので、ファンデーションで美白に見えるようにしようと思いました。美白ファンデーションは紫外線カット効果が長続きし、肌を明るく見せるブライトにング効果とシミカバー力があるようです。肌の色は色白とはいえないのですが、ファンデーションは白めのものを使っています。色白の友達は私より色が濃いファンデーションを使っています。普通は色白の人の方が白いファンデーションを使いそうに思えます。ファンデーションの色を選ぶとき、手の甲に塗って近い色を選ぶのが基本だと聞いたことがあります。どうして友達が白いファンデーションを使わない理由は顔色が白くなりすぎるからナチュラル色が良いのだそうです。それを聞いて何となく納得しました。

 

タグ

美白にはサプリメント。朝夜の洗顔と美容液での保湿、日焼け止めクリームをかかさず塗るなど基本的なことはしていました。

25歳女です。私は色白ですが、そばかすができやすいので困っています。
高校生のころからそばかすがポツポツとできはじめ、20歳になったころには頬や鼻の頭にたくさん浮き出てきてしまいました。

これではいけない!と、美白ケアを始めました。
それまでも朝夜の洗顔と美容液での保湿、日焼け止めクリームをかかさず塗るなど基本的なことはしていました。
が、それはすべて顔の外側のケア。

ということでここ5年ほど、ビタミンCを補うサプリメントを欠かさず飲んでいます。
はじめて数か月でだんだんそばかすが薄くなりはじめ、そばかす予備軍だったうすいシミも完全になくなりました。

グレープフルーツやレモンなどビタミンCを多く含むものを食べるようにするだけでも効果はあると思いますが、サプリメントってそんなに高くないのでサプリでとったほうが効率がいいと思います。

 

タグ

このページの先頭へ