リマーユプラセラ原液口コミ

私の肌の悩みと言えば、くすみと肝斑でした。
特に肝斑は目立ち、「どうすればいいのか」と悩んでいるうちにどんどんと深刻化してしまいました。
すでにメイクではギリギリ誤魔化せるかどうかというレベルです。

あれこれと試しつつ、リマーユプラセラ原液を使うに至りました。
もちろん、これがダメだったら次の手を考えなきゃと思いつつ使い始めるのはいつものことです。

でも、リマーユプラセラ原液は一度使って気に入りました。

hurasera2

hurasera

 

 

hurasera3
肝斑が一晩でどうにかなったわけはないのですが、なんとなく顔色が良くなったと感じたからです。
そこで、「しばらくは使おう」と心に決めました。

hurasera4

リマーユプラセラ原液に含まれている馬プラセンタは、北海道産のサラブレッドの胎盤から抽出しています。
この馬プラセンタは保湿にも効果があり、それ以上に私が注目したのは成長因子。
肌がどんどんと良くなるように導いてくれるという点です。

肌が自らネガティブなポイントを改善しようと目覚めてくれれば、あらゆる肌トラブルが改善されるのではと期待しました。
そして、見事にその期待に応えてくれたのです。

馬プラセンタは肌のターンオーバーを整えてくれるので、その働きが私の場合は功を奏しました。
なんと改善は不可能だと思われた肝斑の存在がどんどんと薄れていき、メイクをすれば完璧に隠せるようになりました。

もう、驚きです。
宣伝文句の7割の効き目が実感できたら、御の字と考えていた私。
でもリマーユプラセラ原液は肝斑の悩みに対して、早くも8割の期待に応えてくれたのです。

くすみに関しては10割といっても過言ではありません。
それくらいに私の顔色は変わりました。
当然、良い方向へと。

芸能人の人が使っていると聞くとウン臭さを感じていましたが、中には本物もあるのですね。
通常タイプは朝と晩に使って、2ヶ月くらいは使えるペースです。

これだけ効果が現れれば、お得という以外に言いようがありません。
心なしか目の下のたるみにも効き目があったようで、小躍りしたい気分です。

 

購入はここから↓

 

タグ

2018年5月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:コスメ

ヴェレダワイルドローズモイスチャーローション口コミ

何を使っても、どうやってもカッサカサだった私の肌。
乾燥しているとメイクは直ぐに崩れてしまうし、シワになりやすいとも聞いたので戦々恐々です。
どうしたものかと悩んでいました。

世の中にこれだけ化粧品が溢れているのに、私ほどに乾燥肌に悩んでいる人はいないのかと本気で悲しくなりました。
人並みに潤いたい。
鏡を見る度に粉が吹いている肌をどうにかしたい。

でも、やっと見つけることができました。
それがヴェレダワイルドローズモイスチャーローションです。
wereda3
これを見つけるきっかけは、保湿力に注目したことです。

私に必要なのは、とにかく保湿。
自力ではどうにもならないと開き直れたことで、本物に出会えました。

このヴェレダワイルドローズモイスチャーローションの優れている点のひとつは、とろみがあるのにべたつかないことです。
wereda2
本当に不思議なのですが、使い心地は抜群。
しかもきちんと保湿力を発揮するのです。
wereda

ローズの芳醇な香りが漂う中で潤うって、私にとって夢みたい。
もう、「どうか潤いますように」と一か八かでケアすることもありません。

また、これを使うと肌にちゃんと染み込んでいるのを実感できます。
これまでの商品は、みんな肌に載せたら蒸発してしまうという感じ。
これだとじゅわ~っと音が聞こえるような感覚に陥るほどなのです。

オーガニックローズが配合の目玉なのですが、それ以外にもセダムプルプレウムエキス、モスカータバラ葉エキス、シロキクラゲ多糖体が配合されています。
どの成分もきちんと保湿し、肌を整え、保護する役割を果たしてくれているんですね。

保湿化粧品なのですが、まるで美容液のようです。
それくらい濃厚、だけど使いやすいなんて嬉し過ぎます。

これを使っていると美容液も、クリームも、後でパックもしようと大騒ぎしていた自分が他人事のように思い出されます。
優秀なアイテムに出会うことで生活に余裕が生まれて、無駄なく過ごせるようになれたと実感。
この商品と出会えたことに深い喜びを感じています。

ここから↓


 

タグ

2018年5月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:コスメ

このページの先頭へ